労働: 公共性と労働‐福祉ネクサス

Front Cover
安孫子誠男, 水島治郎
勁草書房, 2010 - 284 pages
「持続可能な福祉社会」というコンセプトを軸に、環境・福祉・経済を統合した新たな社会ビジョンを提示するシリーズ第3巻。人間らしい生活を支えるはずの労働と福祉のあり方が、大きく揺らぐ現在。労働と福祉にかかわる新たな認識枠組みを求めて、ヨーロッパの雇用‐福祉戦略をひきつつ、歴史的・学際的な視点から労働の公共性をとらえなおす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information