「尊厳ある社会」に向けた法の貢献: 社会法とジェンダー法の協働浅倉むつ子先生古稀記念論集

Front Cover
島田陽一, 三成美保, 米津孝司, 菅野淑子
旬報社, Oct 25, 2019 - 668 pages
本論文集は、四部をもって構成されている。第1部では、憲法と条約、雇用形態と均等待遇、性差別禁止などのテーマが、第2部では、雇用社会の基本原則・展望あるいはワーク・ライフ・バランス、第3部では、性暴力と人権、性の自己決定と尊厳、家族と婚姻、そして第4部では「ハラスメントと法」が論じられている。各テーマの第一人者、気鋭の論者による力作揃いの本論文集が、社会法とジェンダー法の協働を体現する学術書として、尊厳ある社会の実現に少しでも寄与できることを編者一同願ってやまない。(「刊行にあたって」より)。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information