ロード・プライシング: 理論と政策

Front Cover
關哲雄, 庭田文近
勁草書房, 2007 - 290 pages
近年の自動車交通による混雑・渋滞・環境問題の悪化は多大な時間的・経済的損失をもたらし、地域経済ひいては国民経済全体の便益を大きく損ねている。その対策として有効とされる「ロード・プライシング」に関する研究成果。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information