自治体DXでどうなる地方自治の「近未来」: 国の「デジタル戦略」と住民のくらし

Front Cover
自治体研究社, Sep 30, 2021 - 72 pages
デジタル化政策の「司令塔」となるデジタル庁が業務を開始した。デジタル化は自治体も例外ではない。デジタル改革関連法にそって、「自治体DX推進計画」のため組織づくりや情報システムの標準化・共通化などが進められることになる。関連法では、個人情報保護条例のハードルをさげる=国との“統一化”も意図されている。
本書は、第I部で、自治体行政のデジタル化が、自治体の変質、さらには地方自治制度の再編をもねらいとして進められていることを明らかにし、持続可能な生活保障や自治をより豊かなものとするためにデジタル技術とネットワークを利用した「地方自治デジタル・プラス」であるべきだと提唱する。第II部では、自治体DX推進計画の具体的な内容や問題点を検討し、自治体からの具体的な改革(1推進体制については民主的な組織運営とデジタル人材の公務員としての身分保障、2情報システムについては自治体にカスタマイズする権利の保障、3オンライン化については窓口業務の積極的な維持、4AIの活用については公務労働の質を高めるための補助手段にとどめる)を提案する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2021)

龍谷大学法学部教授 専門分野:行政法

自治労連・地方自治問題研究機構主任研究員

Bibliographic information