カッコウの卵は誰のもの

Front Cover
光文社, 2013 - 392 pages
往年のトップスキーヤー緋田宏昌は、妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかったのだ。苦悩しつつも愛情を注いだ娘は、彼をも凌ぐスキーヤーに成長した。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。彼への協力を拒みつつ、娘の出生の秘密を探ろうとする緋田。そんな中、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れる―。

What people are saying - Write a review

User ratings

5 stars
2
4 stars
4
3 stars
7
2 stars
0
1 star
0

Review: カッコウの卵は誰のもの

User Review  - amadeo466 - Booklog

2010/3/6 2010/3/7 Read full review

Review: カッコウの卵は誰のもの

User Review  - jyosuiensei - Booklog

⑤/64 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information