レーナの日記: レニングラード包囲戦を生きた少女

Front Cover
みすず書房, 2017 - 339 pages
1941年9月、ナチス・ドイツ軍は250万の市民が暮らすレニングラードの包囲を完了。包囲は872日間におよび、80万人以上が犠牲となる。飢餓と爆撃と酷寒の都市で、食べ物と言葉への執着が命をつないだ。16歳の少女が圧倒的筆力でとらえた独ソ戦下の生活。発掘された「レニングラードの『アンネの日記』」。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information