都市空間のデザイン: 歴史のなかの建築と都市

Front Cover
岩波書店, 2012 - City planning - 293 pages
建築と都市との関わりを歴史的にたどり、都市がデザインされるメカニズムを探る。それによって、市民が主体となり、ひとつひとつの建築から都市のデザインを考える都市設計の理論の構築をめざす。都市問題・環境問題に深く関わってきた建築家による、高度成長から低成長へ、縮小の時代に入った今日への貴重な提言。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information