信じる者は、ダマされる。: 元統一教会信者だから書けた「マインドコントロール」の手口

Front Cover
清談社Publico, 2022 - 256 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
ベストセラー『ついていったら、こうなった』著者が、
「モーニングショー」(テレビ朝日系)
「情報ライブミヤネ屋」(ytv系)
などで「元信者」をカミングアウトし、大反響!

組織で動く、正体・目的を隠す、権威を利用する、
恐怖心を植えつける、繰り返しダマす...etc.

すべての詐欺の手口は、「旧統一教会」で見てきた!

......そして、〈彼ら〉の被害を受けないためのヒントとは?

これが、「旧統一教会」も駆使したダマシの禁断テクニックだ!

●私が統一教会に入信した経緯
●一般人が信者になるまでの巧妙な「教化プログラム」
●アイスクリームひとつ自由に買えない「出家生活」
●「合同結婚式」への参加に必要な過酷なノルマ
●旧統一教会の布教ノウハウは「振り込め詐欺」に類似
●「名称変更」をして悪評から逃れ続ける
●なぜ、政治家は「関係を断ちます」と明言できないのか
●平気でウソをつく教団の体質を表す「偽装脱会」
●一度ダマされた被害者が何度もダマされるカラクリ
●旧統一教会の「マインドコントロール」を解く4つの方法

旧統一教会とは、どんなところで、どのような活動をしているのでしょうか。
「なぜ、入信してしまうのか」
「なぜ、多くの人がダマされてお金を巻き上げられてしまったのか」
については、よくわからない思いを抱いている方も多いかと思います。

じつは、私は1987年に旧統一教会に入信し、
1996年に脱会するまでの長い期間、教団の信者として活動をしてきました。
自分にしかできないことは何かを考えたときに、
そのなかで行われていた人とお金集めのダマシのテクニックを、
これまでの数々の取材経験から自分なりの目線で分析し、
多くの人に身を守ってもらうことではないかと考えました。(「はじめに」より)

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2022)

ルポライター、キャッチセールス評論家、悪質商法コラムニスト。1965年北海道旭川市生まれ、宮城県仙台第三高等学校、日本大学法学部卒業。雑誌にて『誘われてフラフラ』の連載を担当。2週間に一度は勧誘されるという経験を生かしてキャッチセールス評論家になる。これまでに街頭からのキャッチセールス、アポイントメントセールスなどへの潜入は100カ所以上。キャッチセールスのみならず、詐欺・悪質商法、ネットを通じた詐欺商法にも精通する。2022年「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)、「情報ライブミヤネ屋」(ytv系)などで旧統一教会に約10年間在籍していたことを公表し、大きな反響を呼んだ。著書に『ついていったら、こうなった』(彩図社)、『あなたはこうしてだまされる詐欺・悪徳商法100の手口』(産経新聞出版)、『だまされた! 「だましのプロ」の心理戦術を見抜く本』(方丈社)、『マンガついていったらこうなった』『迷惑メール、返事をしたらこうなった。』『あやしい求人広告、応募したらこうなった。』『サギ師が使う人の心を操る「ものの言い方」』『サギ師が使う交渉に絶対負けない悪魔のロジック術』(...

Bibliographic information