ラプラス変換とその応用

Front Cover
裳華房, Mar 25, 1984 - Mathematics - 214 pages
本書は、ラプラス変換について、「数学的基礎」→「各種方程式への応用」→「技術分野への応用例」というように順を追って理論を展開して解説した。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ラプラス変換は、力学・機械工学・電気工学・自動制御など、理工系の各分野で広く用いられている。本書では、「数学的基礎」→「各種方程式への応用」→「技術分野への応用例」というように順を追って理論を展開している。応用面では、多くの分野に共通できる性格の題材を、なるべくその解法の発端から説明するように努めており、問題の解答は詳しくしてある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (1984)

●著者紹介
田代嘉宏(たしろ よしひろ)
広島大学名誉教授・岡山大学名誉教授、理学博士。1926年長野県出身。東京大学理学部卒業。岡山大学助手・助教授・教授、広島大学教授、広島工業大学教授などを歴任。主な著書に『数学概論』『確率と統計』『テンソル解析』『ラプラス変換とその応用』(以上 裳華房)、『ラプラス変換とフーリエ解析要論』『微分方程式要論』(以上 森北出版)、『朝倉 数学ハンドブック[応用篇]』(分担執筆、朝倉書店)、『古典幾何学』(新曜社)などがある。

Bibliographic information