そこに僕らは居合わせた: 語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶

Front Cover
みすず書房, Jul 17, 2012 - 239 pages
17歳で終戦を迎えた著者は、「軍国少女」から、戦後は価値の180度の転換を迫られた世代―自らの体験や実際に見聞きしたエピソードから生まれた20の物語。ナチスの支配下、全体主義の狂気に「普通の」人びとがのみこまれてゆくさまを少年少女の目を通して描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information