進化論はなぜ哲学の問題になるのか: 生物学の哲学の現在

Front Cover
勁草書房, 2010 - Evolution (Biology) - 233 pages
「生物学の哲学」では、既存の人文系、哲学系という枠を超えて議論が繰り広げられている。本書は、日本における「生物学の哲学」の中心的研究者たち9人が、進化論を軸に、科学哲学、生物学、システム理論、数学、物理学、心理学、人類学、歴史学、倫理学など様々な分野と接点を持って、バラエティある話題を展開する。原理的な問題から個別的な問題へと読者を誘う1冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information