光の形而上学: 知ることの根源を辿って

Front Cover
山内志朗
慶應義塾大学言語文化研究所, 2018 - 273 pages
古代ギリシアからルネサンス、中近世まで、知の歴史における二つの問題圏〈光と存在〉をめぐって、気鋭の論者たちが挑む!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information