夏の夜の夢間違いの喜劇: シェイクスピア全集 4

Front Cover
筑摩書房, 1997 - 327 pages
妖精の王とその后のけんかに巻き込まれて、妖精パックがほれ薬を誤用したために、思いがけない食い違いの生じた恋人たち―妖精と人間が展開する幻想喜劇『夏の夜の夢』。ほかに、2組の双子の兄弟が取り違えられることから生じる混乱のおもしろさの中に、ロマンスや、離別した一族の再開という要素を加えて展開する『間違いの喜劇』を収める。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information