高畠通敏集, Volume 1

Front Cover
岩波書店, Sep 4, 2009 - Japan - 340 pages
六〇年安保の「革新国民運動」から分岐・叢生した民衆の日常的な社会運動は、今日の市民政治につながるものなのか。さらに、近代日本の政治体制を、西欧の「亜種」ではなく、アジア、アフリカ、中南米に生起した強権体制の「先駆」として比較検討できないか。政治理論家として未踏の課題に挑戦した四〇年の軌跡。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information