トーマス・ミュンツァーと黙示録的終末観

Front Cover
未来社, 2001 - 264 pages
十六世紀、宗教改革期のドイツにおいて、黙示録的な終末観は、消極的・受動的な歴史意識ないし改革意識に結びつくと同時に、また、教会と社会の変革を通じて、新しい時代を形成していこうとするような能動的な改革の姿勢と歴史の積極的な理解とに結びついていたと考えられるのである。黙示録的終末観とこういった歴史ないし改革に対する積極的・能動的な意識との結びつきを、本書では、強い終末意識を持ちながら、この時期のさまざまな社会運動に積極的に係わっていった急進的な宗教改革者、トーマス・ミュンツァーの黙示録的終末観ないし歴史解釈を中心として考察していく。そして、本書は、考察の対象を彼にもとめることで、また、黙示録的終末観とスピリチュアリスムスとの関係を中心的に問うことになる。というのも、彼はまた、この時期のスピリチュアリスムスの展開に深く係わった人物の一人であり、この思想材は明らかに彼の思想・活動を特徴づける中心的な要素の一つに他ならないからである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information