おとなが育つ条件: 発達心理学から考える

Front Cover
岩波書店, Jul 19, 2013 - Developmental psychology - 218 pages
激しい社会変動に対応できず、途方に暮れて立ち往生している―。そんな日本の「おとな」の特徴は、社会が急速に変化しているにもかかわらず旧態依然たる「あるべき」姿に縛られたところにある。いかにそこから脱するか。史上類をみない高齢化社会のなかで、自分らしく生き抜くためのヒントになる一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information