データを紡いで社会につなぐ: デジタルアーカイブのつくり方

Front Cover
講談社, 2013 - Archival materials - 268 pages
広島と長崎の原爆。東日本大震災。歴史や大災害の記憶のデータを、時代や国境を超えて伝える“新しいデジタルアーカイブ”とは。注目の“情報アーキテクト”が、現代におけるデータと社会の関わりを考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information