周縁から生まれる: ボーダー文学論

Front Cover
彩流社, 2018 - Literature, Modern - 592 pages
ピンチョン、クーヴァー、エリクソン等、数多くの海外文学作品の翻訳者であり、研究者でもある著者(ロベルト・コッシー)が、「ボーダー」を軸に洋の東西を問わず小説および論考を批評。「境界/周縁」にある文学は、その輝きを増す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information