馬場辰猪日記と遺稿

Front Cover
杉山伸也, 川崎勝
慶應義塾大学出版会, Oct 30, 2015 - Japan - 270 pages
本書は、『馬場辰猪全集』(全4巻、岩波書店、1988~89年)刊行後に発見された史料と、最新の評伝とで構成される。自由民権運動の最盛期、板垣退助の洋行問題にゆれる自由党の内幕を、運動の中心にいた馬場が記録した「日記」、先駆的な歴史叙述の方法論「史論」、そして晩年の遺稿類を収載し、それぞれ詳細な解題を付す。さらに、最新の研究成果をもとに書き下ろした評伝を掲載。馬場の思想と行動を日本近代史にあらためて位置づけ、『全集』を補完する記念碑的な一書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information