西田幾多郎, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2001 - Philosophy, Japanese - 226 pages
西田哲学の鍵となる五つの概念―“純粋経験”“無の論理”“弁証法的一般者”“行為的直観”“絶対矛盾的自己同一”―を「問題群」として捉え直して一つ一つ解きほぐし、その意図した構想の真の姿と意味を明らかにする。西田哲学のもつ深層の知として深さを探究しつつ、日本の哲学の座標軸を明らかにした本格的な西田論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information