日本統治と植民地漢文: 台湾における漢文の境界と想像

Front Cover
三元社, 2012 - Chinese language - 334 pages
台湾における「漢文」とはいかなるものなのか。日本語、中国白話文、正則漢文などさまざまな要素が混じり合った植民地漢文の実態と変遷を明らかにするとともに、東アジアにおける漢字漢文の文化的意義、そして近代における台湾人の精神文化史を再現する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information