ホッブズ

Front Cover
研究社出版, 1998 - 266 pages
近代精神の誕生に立ち会う。いまや当たり前のものとされる「自由」・「基本的人権の保障」など、近代民主主義の思想の原点を史上初めて提示し、ピューリタン革命期の聖・俗両権力の支配層を敵にまわすことにもなった、ホッブズの「思想の革命」の意義をとらえ直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information