認知言語学の羽ばたき: 実証性の高い言語研究を目指して

Front Cover
松本曜教授還暦記念論文集刊行会
開拓社, 2020 - 212 pages
2000年代、認知言語学は「量的転回」と呼ばれる方法論的転換期を迎えた。内省による分析を基盤に据えながら、仮説の性質に応じて実験、コーパス、統計などを柔軟に組み合わせる実証的研究への羽ばたきである。空間移動表現の類型論、フレーム意味論、構文文法、メタファー・メトニミーという認知言語学の主要テーマにおける、そうしたアプローチの有効性を示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information