ヘンリー・ミラーの文学: 愛の欠落から追求へ

Front Cover
水声社, 2010 - 298 pages
20世紀アメリカの反骨の文豪ヘンリー・ミラーは、パトスの知を伝えるための革命的な方法探求者だった―その主要作品の表現と形式を考察し、ミラー文学への新たな理解を提示する画期的論考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information