大衆消費社会の食料・農業・農村政策

Front Cover
東北大学出版会, Sep 28, 2002 - Agriculture - 349 pages
一九六一年に制定された「農業基本法」。実質的に「棚上げ」されたこの法律の不幸は、当時の農林官僚の描いた理想的構図自体が観念的で、時代を反映していなかった点にある。ここからでてくる教訓は、「理念」は「現実」との接点を持つ限りで「理念」たりうると言う単純な事実である。一九九九年制定の「食料・農業・農村基本法」。この法律は「時代を反映した理念の提示」という一点においてどう評価されるべきか。本書は「大衆消費社会」というコンセプトで読み解く「消費の時代」の農政論である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information