貧困の放置は罪なのか: グローバルな正義とコスモポリタニズム

Front Cover
人文書院, 2010 - 298 pages
グローバリゼーションの影で過酷さを増す世界の貧困と格差。その解消のために、富裕国に住む我々にはいかなる義務があるのか。拡がりを見せるグローバル・ジャスティスの議論から丹念に説き起こす、比類なき熱き思考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information