里山の生態学: その成り立ちと保全のあり方

Front Cover
広木詔三
名古屋大学出版会, 2002 - 333 pages
近年急速に失われつつある里山。本書は、雑木林の成り立ちやその人間との関わり、湿地の成因、トンボやギフチョウなどの環境指標生物を含む多様な観点から里山の全体像に迫り、その保全に向けた提言を行う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information