アメリカ文学: アメリカ文学

Front Cover
沖積舎, 1998 - 615 pages
私は一番良い時期にアメリカに滞在したと思う。だからアメリカについて話したり書いたりするとき、どうしてもアメリカびいきになることを自覚している。もともとアメリカとは縁があった。大学生のとき、1939年夏、南カリフォルニア大学で開催された日米学生会議に出席した。その旅行中に第二次大戦が始まったことも忘れられない。そのあとのアメリカの活力を、文学の中だけでなく、いろんな面で感じ取ることになった。今もその気持ちに変わりはない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information