民族とネイション: ナショナリズムという難問

Front Cover
岩波書店, 2008 - Nationalism - 223 pages
地域紛争の頻発や排外主義の高まりの中で、「民族」「エスニシティ」「ネイション」「ナショナリズム」などの言葉が飛び交っている。だが、これらの意味や相互の関係は必ずしかも明確ではなく、しばしば混乱を招いている。国民国家の登場から冷戦後までの歴史をたどりながら、複雑な問題群を整理し、ナショナリズムにどう向き合うかを考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information