確率・統計

Front Cover
森北出版, 2000 - 116 pages
本書は「高専の数学」の一部をなすものであったが、その改訂の機会に大幅に増補し、大学・高専など広い範囲での「確率・統計」の教科書として使用できるよう「工科の数学」の一巻とすることにした。その主な目的は、教科としての確率・統計は基礎の数学、応用数学の一部、あるいは独立な科目としていろいろな形で講義されており、多様な要望にできるだけ沿うようにと考えたからである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information