音のピッチ知覚

Front Cover
コロナ社, Dec 28, 2016 - 206 pages
聴覚理論の中心であるピッチ知覚の研究の19世紀から現在までの発展を、生理学的な背景を含めて解説。音律の理論や音楽心理に関する章も含まれ、扱う分野は、理工学、心理学、生理学、音楽教育学等にわたっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information