熱帯アジアの森の民: 資源利用の環境人類学

Front Cover
池谷和信
人文書院, 2005 - Forest ecology - 318 pages
本書では、従来、自然との共生を謳われ、また外界と隔絶し独自の文化を形成しているとされてきた「森の民」の多様な姿を歴史的かつ実証的に捉える。外部社会と関わりながら自らのあり方を創造してきたその変容の過程を追うとともに、伝統と近代的生活とを融合しつつ政治的・戦略的に動く「先住民」としての現在の姿をも描く。その試みは彼らと私たちの共存に向けた将来の取組みにつながるはずだ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information