動物個体群の生態学

Front Cover
京都大学学術出版会, 1998 - Animal ecology - 309 pages
自然界の絶妙なバランスの仕組みを探る。密度効果、寄主‐寄生者関係、多型性の発現...動物個体群に見られるさまざまな現象を精確に理解するにはどうするか、日本の動物生態学をリードしてきた著者が、実験と数理的手法を駆使して動物たちの謎に迫る。海外でも高く評価されている著者の代表的な業績を一冊に収めた、生物学の歴史に残る名著。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information