イタリア・ルネサンスの文化

Front Cover
筑摩書房, 2007 - 704 pages
精緻な構築体としての国家(der Staat als Kunstwerk)の成立、陰謀、同盟、裏切り、買収、そして冷徹な打算に基づく外交政策。ルネサンス期のイタリアを舞台に、近代的な文化と社会の出現をスリリングに活写した畢生の大著。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information