世界経済史概観: 紀元1年‐2030年

Front Cover
岩波書店, 2015 - 503 pages
長期経済推計の碩学による、これまでの研究の集大成であり最後の書。第1部では、世界各地域の実質GDPの歴史統計に基づき、西暦1年から2003年までの世界経済史の輪郭を描きだす。第2部では、数量的経済分析の研究史とそこでの論争を紹介し、第3部では、これまでの長期推計を基に、2030年の世界経済を大胆に予測する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information