☆新装版☆ 現代物理学の基礎 5 統計物理学, Volume 5

Front Cover
岩波書店, 2011 - 525 pages
ミクロ現象からマクロ現象を再構成する手法としての物理学が統計物理学である。等重率の原理、カノニカル集合、相転移などの基礎を詳述するだけでなく、ブラウン運動や確率過程論を展開して、非平衡系への橋渡しとなる緩和現象や線形応答、場の量子論的方法を解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information