京のオランダ人: 阿蘭陀宿海老屋の実態

Front Cover
吉川弘文館, 1998 - Dutch - 223 pages
鎖国時代に、ヨーロッパ人のなかで唯一日本との貿易を許されていたオランダ商人。彼らが江戸への参府中に京の町で見たものはなにか。新出史料を駆使して活写する、「阿蘭陀宿」に凝縮された異文化との交流とその実態。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information