青木昌彦の経済学入門: 制度論の地平を拡げる

Front Cover
筑摩書房, Mar 10, 2014 - Economics - 238 pages
ひとつの社会を支える「制度」とは何なのか?人間社会がゲームだとするならば、その均衡はいかに可能なのか?―著者は、制度論、組織論、経済発展論など多岐にわたる領域で世界的な業績をあげ、20世紀の経済学を主導した研究者のひとりである。研ぎ澄まされた理論による斬新な研究アプローチは、経済学を超えて社会科学全般に多大な影響を及ぼした。その知性の全体像を一望し、制度論の考え方をわかりやすく解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information