悲しみよこんにちは

Front Cover
新潮社, Jan 1, 2009 - 197 pages
セシルはもうすぐ18歳。プレイボーイ肌の父レイモン、その恋人エルザと、南仏の海辺の別荘でヴァカンスを過ごすことになる。そこで大学生のシリルとの恋も芽生えるが、父のもうひとりのガールフレンドであるアンヌが合流。父が彼女との再婚に走りはじめたことを察知したセシルは、葛藤の末にある計画を思い立つ...。20世紀仏文学界が生んだ少女小説の聖典、半世紀を経て新訳成る。

What people are saying - Write a review

Review: 悲しみよこんにちは (新潮文庫)

User Review  - am0rm - Booklog

2016-44 Read full review

Review: 悲しみよこんにちは (新潮文庫)

User Review  - ボウ - Booklog

20160303 Read full review

Bibliographic information