小林賢太郎戯曲集, Volume 3

Front Cover
幻冬舎, 2011 - 241 pages
二十一世紀の未来を夢見て、三十年前から眠り続けていた父親。目覚めると、息子は父と同じ三十歳になっていた。息子から聞いた未来に父は...(「アトム」)。ホテルには絶対存在しない13階の13号室。宿泊客があの手この手でホテルマンを引き止める(「1313」)。新たな「笑い」の世界を次々と構築し、進化し続けるコンビ「ラーメンズ」第三戯曲集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information