萩原朔太郎論

Front Cover
青土社, Feb 10, 2016 - 548 pages
詩人、弁護士である著者が、“近代文学の巨星”朔太郎の作品世界を、その濃密な生涯とともに詳細に解き明かす。名作『月に吠える』『青猫』『氷島』ほか詩作品のみならず、詩論を初めて本格的に論じるなど、洞察と創見にみちた待望の朔太郎論決定版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information