人はなぜ戦うのか: 考古学からみた戦争

Front Cover
講談社, May 10, 2001 - Japan - 260 pages
縄文時代にはなかった戦争が、弥生時代、「先進文化」として到来した。食糧をめぐるムラ同士の争いは、いかに組織化され、強大な「軍事力」となるのか。傷ついた人骨・副葬武器・巨大古墳など、膨大な発掘資料をもとに列島の戦いのあとを読み解き、戦争発展のメカニズムに迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information