本は物である: 装丁という仕事

Front Cover
新曜社, 2010 - Book design - 242 pages
本に命を吹き込む「装丁」という仕事、その過程から紡ぎ出された装丁論・仕事論にして出版文化論。電子時代にこそ求められる「本のかたち」を真摯に問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information