心に情唇に鬼

Front Cover
秋田魁新報社, Sep 30, 2022 - 278 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
お待たせ!「愛に満ちた直言」で大好評を博した伝説のエッセイ集が、7年ぶりに帰ってきました!全秋田県民、いや全日本人よ、今こそ牧子サンの言葉を聴け!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2022)

脚本家。ノースアジア大学客員教授。元横綱審議委員。 1948年9月10日秋田市生まれの東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、会社員生活を経て88年脚本家デビュー。ドラマ「ひらり」(NHK朝の連続テレビ小説、93年第1回橋田壽賀子賞)、「毛利元就」(NHK大河ドラマ)、「塀の中の中学校」(2011年第51回モンテカルロ・テレビ祭テレビ・フィルム部門最優秀作品賞およびモナコ赤十字賞)、「小さな神たちの祭り」(21年アジアテレビジョンアワード最優秀作品賞)など多数の脚本を手掛けている。著書に映像化された小説「終わった人」「すぐ死ぬんだから」「今度生まれたら」、エッセイに「消えた歌の風景」など。06年、東北大学大学院文学研究科宗教学修了。

Bibliographic information