行動経済学の使い方

Front Cover
岩波書店, 2019 - 224 pages
学ぶだけではもう足りない。研究と応用が進み、行動経済学はいまや「使う」段階に来ているのだ。本書では「ナッジ」の作り方を解説する。人間の行動特性をふまえ、自由な選択を確保しつつ、より良い意思決定をうながし、より良い行動を引き出す。その知恵と工夫がナッジだ。この本を通して、行動経済学の応用力を身につけよう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information