シャカイジンノイキカタ

Front Cover
岩波書店, 2012 - Japan - 241 pages
社会人とは本来、自分たちの社会をともに作り上げる人びとのことだ。だが、今の日本では、若者たちの就職難や格差の拡がり、無縁化に見られるように、社会人として生きていくのが困難になっている。社会人になるには何が必要か。社会人をどう育んでいったらよいのか。著者の内外での経験にもとづく豊富な事例を織り交ぜながら考えていく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information