科学の目科学のこころ

Front Cover
岩波書店, 1999 - Science - 214 pages
膨大な科学的知識の消化よりも、科学の基本にある考え方や意味についての確かな理解こそ、現代の私たちにとっては大切なことだろう。著者は、根っからの理科系でも文科系でもないと自称する生物学者。クローン羊の誕生、ムシの子育て、イギリスでの見聞など、多彩な話題をおりまぜながら、科学と人間と社会について考えるエッセイ集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information