グローバリゼーションとカリキュラム改革: 海外の研究者が見た「総合的な学習の時間」

Front Cover
東信堂, Feb 26, 2016 - 191 pages
「ゆとり教育」への烈しい批判、また「総合的な学習の時間」低迷の趨勢に対し、3年以上に及ぶ授業観察と文献研究に基づき、今日日本の重要カリキュラムとして「総合的な学習の時間」の意義を強調したポレミックな研究。全国の国際理解・多文化共生・人権・地域学習等の授業調査を通じて「総合的な学習」の有効性を検証し、これらに通底する「異なるものに対する共感と理解」こそ、グローバル化の現代に不可欠な要素であり、それを担う教員に対し、基礎知識教育と並んで、主体的で自由な教育活動を保証すべきことを強調した、海外研究者の労作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information