人体部品ビジネス: 「臓器」商品化時代の現実

Front Cover
講談社, Nov 10, 1999 - 260 pages
心臓弁が6950ドル、アキレス腱は2500ドル。提供された人体組織を加工して急成長するアメリカ産業。刑務所や病院を舞台にしたフィリピン、インドの腎臓売買。いまや臓器が「商品」となり、脳死体は「医療資源」と化す。テクノロジーと資本主義の行き着く果てを見つめ、倫理を問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information