漱石論: 21世紀を生き抜くために

Front Cover
岩波書店, May 27, 2010 - 350 pages
二〇一六年は漱石没後百年。「坂の上の雲」を誰もが見上げていた百年前に、足元をみつめ雲の先を予見し危惧した近代人は、時代をどう小説に織り込んだのか。戦争、植民地主義、産業構造の変化、ジャーナリズム、男と女...。現代同様の問題を抱えた社会をみつめた、日本近代文学に聳える巨人の目を、小説に辿る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information